2017年05月23日

D-カフェ実施

平成29年5月21日(日)D-カフェを実施しました。
参加者の状況
近隣住民11人(内認知症当事者1人)
ボランティア2人
作業療法士1人
社会福祉士1人
他事業所介護職員2人
13:30〜14:00 社会化
14:00〜15:20 健康測定会実施
14:00〜15:00 昭和の遊び、折り紙
15:00〜15:20 プレゼンテーション
「認知症のケアとネガティ・ブケイパビリティ」
15:20〜15:30 昭和の歌

反省点
最初の30分「社会化(交流)」でお互い話が弾み、
プログラム通り進行しなかった。

プレゼンテーション
「認知症のケアとネガティ・ブケイパビリティ」は、
認知症を抱えた人の不可解な行動には理由があるとか、
原因を探れば、理解できるということが言われている
が、それだけではない。
答えを求めず、不可解な行動に寄り添い、結論を出さず、
じっと耐える能力が必要な時もある、という話でした。
やがて、ケアされる側もケアする側も
自分自身で納得できる心の状態が生まれてきます。
認知症のケアには、なぜ?どうして?と思う前に、
じっと耐え忍んで、寄り添うことも必要ですね。
c.jpg



posted by 鈴鹿の北さん at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月11日

認知症予防「杖道」教室のお知らせ

「杖道」(じょうどう)は型稽古(かたげいこ)で
身体と頭を鍛え(きたえ)、認知症予防を目指します。
対象の方は、ラジオ体操が可能であれば、男女問わず
できます。(見学のみも可能です)
会場は、鈴鹿市白子駅前9番30号 ホワイト歯科ビル
2階です。
日時は、6月11日(日)午後2時からです。
参加費無料です。
型稽古とは、柔道、空手、剣道のように激しい体の
動きはなく、静かな身体の動きで、決まった型を
習得するものです。
型稽古では、静かな動きながらも体の中の筋肉を
鍛え、型を頭でイメージ(頭を使う)し、目と目を合
わせ(人と人との交流)ます。
この3つの要素が認知症予防につながると言われて
います。
是非、ご参加、ご見学してみてください。
k1.jpg

posted by 鈴鹿の北さん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月14日

今、認知症カフェが熱い

三重県介護福祉士会が「認知症カフェセミナー」を開催します。
認知症カフェの開催件数については、厚生労働省など関係機
関の発表では、助成金を受けて開催されているものの件数で
あるように思われます。
しかし、各地域で自主的に行われているものを含めると、
公式発表の数倍以上に上るでしょうか?
認知症カフェは、ネーミングや内容が非常に多様で、
各地域で様々な取り組みが行われています。
地域力・互助力を高めるのに大いに期待される取り組みと
思われます。
上記「認知症カフェセミナー」のチラシをPDFで
掲載します。ぜひご覧になってください。
認知症カフェセミナーセミナー開催要綱表裏.pdf


posted by 鈴鹿の北さん at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月26日

東海地区認知症フーラム 2016

11月23日(水・祝日)
東海地区認知症フォーラムが
名古屋市・ウインクあいち 小ホール(250名参加)
にて開催されました。
実践報告として「認知症カフェ」について
発表してきました。
認知症カフェ開催動機は様々です。
行政主導で助成金など出すから始めたとか、
運営内容も事業所ごとに様々でした。
どれが正解とかはないと思います。
サービスの多様性こそ大事なのではないでしょうか。
発表内容を、参考までにPDFにしました。D-カフェ・B.pdf

241_4.jpg









posted by 鈴鹿の北さん at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

認知症カフェのお知らせ

平成29年度のD−カフェ開催予定
H29年1月15日(日)午後1時30分〜3時30分
   2月19日(日)午後1時30分〜3時30分
   3月は26日(日)を予定しておりますが、
   鈴鹿市産業政策課、鈴鹿科学医療大学、(株)日清オイリオ共同研究チームによる
   (産学官共同研究)高齢者の健康に配慮した食事の提供を考えております。
   日時、内容等詳細が決まりましたら、お知らせいたします。
D−カフェとは「出会いの場」です。参加費は無料、誰でも参加できます。
お気軽にお申し込みください!
お問合せは、長太の寄合所「くじら」 059-395-1212まで
posted by 鈴鹿の北さん at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記