2016年06月06日

長太の寄合所「くじら」案内

長太の寄合所「くじら」はこんなところです
1. ”生活リハビリ”に力を入れています
  (「生活で不安に思っている・してみたい」ことの獲得を目指します)
2. 四季折々の行事を大切にしています
3. 「リハビリ」や「認知症」の専門家
  「心と身体」の専門家がいます

DSくじらH28.6.pdf

posted by 鈴鹿の北さん at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業療法士のページ

オバマ大統領広島演説に思うこと

オバマ大統領が広島に来た。
彼の演説には、次のことが必ず語られるはずだと、
耳を傾けて聞いていた。
All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness.
(すべての人は平等につくられ、生命、自由、幸福追求を含む、奪われることのない権利を創造者から授けられた。)
これはアメリカ合衆国の独立宣言の一部だ。日本のニュースでは、このことについては、触れていない。
オバマ大統領のように、日本の政治家には歴史に学ぶ姿勢というか、信念の拠り所となるものが感じられないのは残念だ。
posted by 鈴鹿の北さん at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のコメント

2016年06月05日

認知症介護の最前線から学ぼう!

【主催】すずか生涯学習インストラクターの会
【日時】平成28年6月3日(金) 10:00〜11:30
【会場】ジェフリーすずか 3階ホール
 ※以下は講演のチラシより抜粋です。
「あなたの身辺にも認知症が忍び寄っています。
すでにご家族の中に認知症の方が居られる人、ご自身を含め家族に認知症の不安を
感じておられる人に認知症を正しく理解し、家族だけで抱え込むのではなく、
地域としてのサポート体制をいかに活用するか、等をポイントにご講演いただきます。」
 ※地域で何かをしたいという思いの方、そのノウハウが分からないという方など40名の方が参加されました。
講演内容のスライドを一部抜粋して掲載します。
介護家族・認知症を地域で.pdf
href="http://wcl17.sakura.ne.jp/sblo_files/kitasanchi/image/a.jpg" target="_blank">a.jpg
タグ:認知症 講演
posted by 鈴鹿の北さん at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第1回認知症多職種協働勉強会開催


多職種協働勉強会H28.7.16.pdf


多職種協働勉強会とは、地域つくりのため、地域(=住民)が主体となって地域の課題に取り組み、解決に向けてチームを形成もしくはネットワークを構築するための集まりです。多職種とは各分野の専門職に限りません。課題解決の主体はあくまで地域住民です。介護・医療の関係者だけでなく地域包括支援センター、社協、行政、ボランティア…などの参加も期待します。
タグ:認知症
posted by 鈴鹿の北さん at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 多職種協働勉強会