2017年10月24日

お知らせ

〈ヒューマンドキュメンタリー映画〉
伊勢真一演出作品ゆめのほとり
〜認知症グループホーム福寿草〜
上映会とシンポジウム
平成29年11月9日(木)18:00〜20:35
鈴鹿市文化会館 けやきホール  参加費:500円

以下の映画の紹介は、「認知症ネットから引用
させて頂きました。詳細は次のサイトをご覧ください。
https://info.ninchisho.net/archives/4815

◇札幌の福寿荘を舞台に◇
「ゆめのほとり」は、北海道札幌市にあるグループホーム「福寿荘」が舞台となっている。「福寿荘」は、元看護師である武田純子施設長が、2000年に開設。施設長の「一人一人を大切にするケアをしたい」という考えのもと、重度・軽度の様々な症状を持つ42人の認知症患者が生活している。
認知症グループホーム「福寿荘」を舞台に、そこで生活をしている人たちが生き生きした群像を1本のドキュメンタリー映画としてまとめた。
◇特別なことではなく、当たり前の生活◇
伊勢氏は、認知症患者を見つめ続けてきた約2年間という時間で、認知症の人は、「何も分からない、できない人」という訳ではなく、「本人なりの思いや願い・できる力を秘めている」人で、「喜怒哀楽を共にしている人」と認識したという。
グループホームにいる人たちの生き生きした生活が見ることができる映画となっている。

ご案内と申込用紙は下記をクリックしてください!
ゆめのほとり案内.jpg
ゆめのほとり申込書.pdf





posted by 鈴鹿の北さん at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記