2019年06月19日

ケアって何だろう?

「ケアって何だろう?」と問われれば、「ケアとは何か問い続けること。」と答えるしかない。追い続けるから見えてくるものがある。少しずつ自分の心に変化が生じてくるのを感じることだろうと思う。感じなくなったら終わりだ。悩み、迷うことなくして成長はないでしょう。そんな思いで答えを探しているうちにいろいろなヒントが見つかるものだ。以下に引用したのは、桝野俊明氏の著書の中のエッセイである。「働くことについて」の章に大きなヒントを見つけた。内容は介護とは無関係だが、働くことについての本質においてはどんな仕事も同じだと思う。このエッセイの中の一行々々に「ケアとは何か?」の答えが隠されている。是非一読してもらいたい。どんなヒントがどこに、いくつ見つかるか探してみてはいかがだろう。一読では、ヒントが見えなければ繰り返し読んでみる、あるいは日を空けて読み返してみるのもいいでしょう。
                  ホワイ介護 総合施設長 北 正美

[ 自分だけの色を見つける ]
 私たちは何のために働いているのでしょうか。もちろん第一義は生きていくため、生活していくためです。つまりはお金を稼ぐために働いている。これは当たり前のことです。しかし、仕事をするとは、ただ単にお金を稼ぐためではありません。やはりそこには、充実感というものが求められます。自分の仕事が誰かの役に立っている。自分がやったことがまわりから評価される。その喜びこそが、人生の喜びへとつながるのです。
 多くの人たちが、会社などのいわゆる組織で働いています。○○会社○○部という与えられた場所で仕事をしています。そこで勘違いしているのは、同じ会社の同じ部署で仕事をしているのだから、みんなが同じ仕事をしているという考え方です。たしかに、大きな括りでいえば同じ仕事をしているのかもしれません。しかし中身をよく見ると、そこには個性というキラキラとしたものが宿っているのです。
 10人の同僚がいたとしても、10人がまったく同じ仕事の進め方をしているわけではありません。性格も特技も違うわけですから、仕事の進め方は10人十色です。どんなマニュアルがある職場においても、知らないうちに個性というものは現れてくるものです。たとえばファストフード店の店員さんをよく観察してください。どの店員さんもお客様に対する言葉はみな同じで、マニュアルどおりの言葉づかいをしています。ところが、その中でも自然とお客様が集まる人がいる。同じ買うのなら、あの店員さんの列に並ぼうと思わせる人がいる。同じ「ありがとうございました」という言葉をいってもその言葉に込められた思いが強い店員さんのところには、たくさんのお客様が引き寄せられるのです。同じ仕事をしているように見えても、実はそれぞれの個性というものは現れてくるものです。
 自分にはどのような個性があるのか。自分の得意とすることは何か。そして自分は何をしたいのか。まずはそれを見つけることです。仕事の中には苦手なこともあります。いくら努力をしても、まわりの人に適わないものもあるでしょう。しかし、そこでめげてはいけません。あの仕事は適わないけれど、この仕事なら負けない。そいうものを見つけ、スキルを磨く努力をすることです。すべての仕事に向かないという人などはいません。
 〈 中略 〉
 のんびとした話し方や接し方。それは見方を変えれば、欠点でもあります。なかには、彼女のことを「仕事が遅い」と指摘する人もいました。ところがその欠点が、みごとに長所となって現れたのです。自分にしかできない仕事。自分だけが出せる色。それを見つけたわけです。これこそがキャリアというものだと思います。
 今、キャリアに執着する人が増えてきました。いい大学を出たり、難しい資格を取得したり、あるいは企業の中で目立つ活躍をしたり……。そんなキャリアこそが大事だと考える人がたくさんいます。たしかにそれもキャリアの一つであることは間違いない。しかし、仕事をしていくうえでのキャリアとはそれだけではありません。自分の得意なこと、自分にしかできないこと、たとえ小さなことであっても、地道にそれを積み重ねていく。それもまた、立派なキャリアだと思うのです。
 また、キャリアとは仕事に限ったことではありません。たとえば子育ても、人生にとっては素晴らしいキャリアの一つです。自分のキャリアをもっと磨きたいから結婚はしない。子どもがいると今までの築いてきたキャリアが台無しになってしまう。そんなふうに躊躇する人もいると聞きます。キャリアという幻想に執着してるのでしょう。「人生のキャリア」を積み上げること。結局それが仕事に還元され、ひいては自らの人生を豊かにしていきます。そいうものだと思います。
 そしてもう一つ、これが自分の得意な仕事だと思ったら、がむしゃらに努力することです。がむしゃらに取り組む時期こそが、自分を成長させてくれるのです。
(桝野俊明著、人生をシンプルにする禅の言葉、大和書房、2015、p86~89)
桝野俊明.jpg

posted by 鈴鹿の北さん at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月23日

認知症笑話

4月のD-カフェで
人の名前が出てこなくなるとは
どういう事か、お話ししました。

出典は、
松原 英多著、オングセラーズ(新書1,080円)、2018.3.19
からです。
人の名前が出てこない.jpg

人の名前が出てこない、どこかで会った気がする。
そんな思いはだれしも経験している事でしょう。
みんな同じだとつい安心してし合うかもしれません。
どうして、顔は覚えているが、名前が出てこないか、
平易に解説してくれています。
そして、なーんだ年をとればみーんな同じかと
安心はできない。その先にあるのは認知症であると。
納得できれば、認知症予防に取り組む意欲がわいてくる。
そんな内容です。
一読をお勧めします!
笑話の内容PDF
人の名前が出てこない!.pdf人の名前が出てこない!.pdf
posted by 鈴鹿の北さん at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月19日

2019年になってしまいました!

早いもので、2019年に入って、
もう3か月が過ぎました。
しばらくぶりで、認知症カフェ(D-カフェ)を更新しました。
この半年は、とにかく人手不足で、ブログの
更新どころではありませんでした。
その間、高齢者、障害者、児童虐待のニュースが
続いています。
痛ましい、悲しい事件です。
こういう事件が起きないよう願いつつ
また、ブログの更新をがんばります!
posted by 鈴鹿の北さん at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

D−カフェ開催

2月18日(日曜日)1時〜3時
D−カフェ開催しました。
認知症の診断を受けている方  3人
パーキンソン病の方      1人
介護家族の方         1人
近隣の方           6人
ボランティアの方       2人
グループホームの方      3人
スタッフ           4人
(内介護福祉士        1人)
社会福祉士          1人
作業療法士          1人
プログラム
 交流会(茶話会)
 認知症笑話(笑いのプラス効果について)
 健康測定会
 昭和の遊び
a.jpg



posted by 鈴鹿の北さん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月06日

オープンダイアローグに学ぶ!

1月31日に「鈴鹿お福の会」がありました。
森本メンタルクリニックの森本先生から「オープンダイアローグに学ぶ」と題してプレゼンテーションがありました。
>最近、フィンランド発祥の「オープンダイアローグ」と呼ばれる精神療法が注目されている。
>オープンダイアローグとは「対話」である。
ということで、認知症ケアにも応用できるのではないかというお話しでした。

参加者から、認知症ケアの実際は、本人との対話はあまりなく、ケアマネとその家族やサービス事業所とで支援が組み立てられているという反省の声も聞かれました。

そこで、オープンダイアローグの7つの原則を紹介します。
1)即時に応じること
2)ソーシャルネットワークを引き入れること
3)個別的で具体的な様々なニーズに柔軟に対応すること
4)責任をもって対応すること
5)心理的な連続性を保証すること
6)不確かさに耐えること
7)<対話>が行われていること
です。
この7つの原則は、認知症ケアの実際と対照的であるように感じました。
ちょっと待ってください。外部の他の支援手段はない。対症療法的で個別具体的なニーズが見えない。責任の所在がはっきりしないまま支援が断続的になされている。その場しのぎの対応でケアの連続性がない。不確かさに耐える能力がなく、直ぐ薬に頼る。認知症本人のいうことに耳を傾けるということが無く、対話がない。
この7つの原則を、認知症ケアの現場で検討していくことが、ケアの質の向上に役立つような印象を持ちました。
オープンダイアローグはまだまだ認知されていませんが、広く応用できると思います。「オープンダイアローグ」をインターネットで検索すると説明記事や書籍の紹介が出てきます。
ご興味が湧いた方はぜひ検索してみてください。
posted by 鈴鹿の北さん at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記